ヒューマンフローラって塗るとどんな変化がある?

ヒューマンフローラを肌に塗ってみると、お肌への感触がちょっと異なります。普通は化粧品って肌へスゥッーと浸透し始めて肌に馴染んでいくのが、通常ですしそれが良い化粧品の条件でもあると思います。ただ、ヒューマンフローラって肌にいつまでも残っている感触があることが印象としてはあります。

まぁ要するに浸透力に特化した化粧品ではないとうことですね。もちろんしばらくしていくと、肌に浸透してなくなっていきますがベタツキは少し残っているような状態です。ですが、ヒューマンフローラはそれがないと逆にいけない化粧品でもあります。その理由は「お肌の菌を整えるから」という理由です。

 

肌の上の菌を整えてスキンケアをしていくために、逆に浸透してすぐに消えてしまったら元も子もありません。肌上の菌を活性させてナンボのスキンケアですので、ヒューマンフローラはちょっとベタツキが残ってしまいますし逆に少しぐらい残るようにしてそのままにしておいたほうがお肌への効果は後々良くなっていきます。なので、ヒューマンフローラの感触を知りたい人はあらかじめ覚えておいてください。

 

ヒューマンフローラは何がおすすめ?

数種類ありますが、個人的にはボディソープがおススメですね。その理由は万能性です。身体へもちろん使えますし、頭皮や顔にも使えます。じゃあボディソープだけでも良いじゃんと思いますが、洗い流さなければいけないですし、やっぱりそれぞれにあわせた成分配合をされています。

 

でもヒューマンフローラで洗い流す時も全てをキレイに洗い落としすぎるのもお肌の常在菌が上手く活性してくれない危険性もありますので、適度な加減が必要です。目安としてはタオルで拭く際も全部はふき取らず、ある程度ヌルッと液体が身体に残るような状態にして洗い終えるのが良いので覚えて置いてください。

 

>>ヒューマンフローラお試し用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*