ヒューマンフローラのお試し用の感想と使ってみてわかった色んなこと

ヒューマンフローラは話題のスキンケア化粧品ということで、ちょっと個人的にも気になることが多かったので試してみたブログです。整菌スキンケアと言われてもちょっと理解しづらい部分があったので、試してみてから購入を考えようと思いました。

ヒューマンフローラは正規で購入すると5000円~12000円くらいするので、その前にちょっとヒューマンフローラを肌に塗った感触次第で本格的にスキンケアスタートしてやるぜぃと思ったので試しに購入しました。ヒューマンフローラを購入しようと思うと検索ワードに「悪化」とか「好転反応」とか出てくるのでちょっとビビッてしまい最初は躊躇しましたが、とりあえず迷っていて本当に良いスキンケア化粧品だともったいないなと思ったので試してみました。結局どんな結果だったのかもできるだけ思い出しながら詳しく書いて見ることにします。

 

浸けてみた感想

 

ヒューマンフローラを最初浸けたときの印象は「あんまり普通の化粧品と変わらない」と思ったのが率直な感想です。なんとなくどこにでもある、乳液やクリーム、美容液みたいな感触でちょっと水っぽいクリームのようなものだったので、あんまりピンときませんでした。

 

「何が整菌スキンケアで、お肌の菌を活性させる肌をキレイにするのか」がイマイチ理解できませんでした。

ただそれを顔全体に塗って広く使ってみると「ピリっ痛い!」と思う箇所がありました。

その部分は「何コレ?」って思いました。不良品なの?とかこれ成分ヤバイでしょ!とか色々なことを思ってしまいました。やっぱり「悪化した!」みたいな検索ワードがあることには納得した部分がありましたね。正直お試し用で安く買っておいて、本当に良かったとシミジミ思えました。

 

そこからヒューマンフローラをちょっと使い続けたあとの話

でもまぁヒューマンフローラは他のブログやHPでも「とにかく使い続けてください」みたいな明記があったので、使い続けてみることにしました。確かにピリとしましたし、静電気みたいな痛みが伴ったので、これは止めるわ!と思ったので不安でした。

 

でも説明を読んでいると「肌が弱っている箇所が特にそうなりやすい」ということも書かれていました。

これは確かに思い当たる節がありました。私がヒューマンフローラを浸けて痛みがあった場所は頬っぺた、首筋です。

この部分は確かに赤ら顔になったりニキビが比較的できやすい部分であったり、アトピーで痒くなる部分でした。ですので、根本的にお肌の菌が弱まっている可能性は充分に在りえるなと納得してちょっと使いました。

 

1週間ほど集中して使い続けた結果

そして、1週間ほど痛みを伴った箇所を集中的にヒューマンフローラを塗りたくることにした結果なんとなく肌がツルツルしてきました。

具体的には触るとスベスベしだして、赤くなりやすい部分だったのですが、普通にお肌がカサカサするのがなくなってきてモチっとお肌が潤うように見えました。

 

鏡で見てもやっぱりハリが良くなってきている気がしました。これらを考えると、「肌に菌って本当に存在するんだ…」というちょっとおバカなことを思うようになりました。でもやっぱり信じきれない部分もいました。でもなんとなく塗り続けてそれがわかったので、感想としてはヒューマンフローラは確かに効果はあるんだと思いましたが、それと同時にお肌の菌ってとても重要な存在なんだなと改めて思うようになれました。

 

ヒューマンフローラのおすすめな年齢層

 

なんとなくブログを拝見したりHPを見たりすると、30歳以上とか40歳からとか書いてありますが、年齢層は特に関係ないように思えます。例えば肌質が敏感な人やアトピー肌で10代の人や20代の人でも使ったほうが良いスキンケア化粧品だと思います。本来ならこれくらいの年齢の人は使ってはダメだと思います。

 

なぜなら肌の力が弱まるからです。でもヒューマンフローラはお肌の菌に力を注ぐような効果の化粧品なので、お肌への浸透力や成分ではありません。目的が違いますね。

お肌自体を強くすることはとても大事なことであり、必要なことです。ですので、できるだけ早く使うほうがヒューマンフローラに至っては良いと思います。

 

あとは「肌の浸透力が弱い人」なんかは特に必要だと思います。浸透力が弱い人はそもそもスキンケアしないほうが良い。

使用してヒューマンフローラで悪化した口コミを書いた内容も時々見かけたりしますが、それは使い方と捉え方が間違っていると言えますし、浸透力が肌になく肌自体が弱っている人は特に塗り続けたほうが良いと思います。

 

だって普通のスキンケアでは無意味になる可能性が高いからです。私も浸透力が高いのか低いのかは実のところよくわかりませんが、ラメラ構造、肌の階層が不揃いで毛穴が乱れ膜がバラバラになりはじめる年齢で35歳以上からは特に化粧品を選んでいかなければならないと思っています。

 

基本的に化粧品は成分浸透しなければ浸ける意味ないですし、肌に良くない成分も特質上含まれているのがほとんどだと思います。

そういった人にはヒューマンフローラはおすすめになるのかなって感じます。

 

他のヒューマンフローラシリーズはどう?

私が個人的にコレいいなと思うのはプレミアムローション以外だとボディソープです。腕や脚に使ってもやっぱりピリピリする部分があります。私の場合は肘付近やくるぶしが使うと痛いのですが、やっぱりこういった部分もお肌を強くさせておいたほうが良いのかと思います。

乾燥強い冬なんかは特に効き目があるので、嬉しいなという感想。身体ってしらべると数十億、数十兆の肌菌が存在するみたいですし、加齢とともにお肌って全体的に弱くなる気がします。新陳代謝が影響を及ぼしている可能性は充分に考えられますが、それでも肌表面を強くすることによってお肌全体がが潤いキレイになっていけば自然と身体全体の抵抗力も強まると思うので重要だと感じます。

 

ヒューマンフローラを試した感想を総まとめ

なんとなく恐いイメージが強かったヒューマンフローラですが、結果的には斬新で効き目は確かに感じられました。やっぱりスキンケア技術は日々進歩しているんだなとおもいました。でもこれ以外でも自分の意識次第でお肌をコントロールするように汗をかく習慣や保湿を意識的にして部屋環境を変えていくことも大事だと思います。

お肌の菌自体はそれだけではコントロールするのはムリだと思いますが、それを補ってヒューマンフローラを浸けながら肌のバリアをしていけばよいんじゃないかなって個人的には思います。最強天然セラミドですね(笑)ヒューマンフローラは口コミでも評価を見ていると悪い意見には痛くて途中でつけるのを止めてしまう人も多いと思います。

ですが、やっぱりある程度の期間浸けていれば肌は自然と強くなっていけるようなイメージです。最初は試して肌に合うか判断するのも良いと思いますし、試しに1本でも良いと思いますが、お試し用は3種試すことができるので感触は一通り味わえるので好みで良いと思います。お肌の抵抗力はを違う角度からも上げたい人には良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*