毛穴にもヒューマンフローラは効くと思う?

ヒューマンフローラを個人的に使おうと思った理由の一つに毛穴の悩みがありました。毛穴って20代の頃は気にもしていませんでした。正確にいうと20代中盤くらいまでですかね。その頃は老けて見られるって意識もなかったですし、肌も良好で年齢も若いという余裕があったのであまり悩みは深くありませんでした。

 

ところがいざ良い齢に達すると全然そんな余裕ありません。このブログを見ている人が20代の人であれば、ピーンと来ないと思います。30代、40代であれば良くわかると思います。

それ程お肌のトラブルの悩みっていきなり形となって現れてきますよね。もし40歳近くでもお肌が若々しくいられている人がいましたが、ヒューマンフローラなんて浸けませんから、頼みますのでその方法伝授してください。

 

そんな気持ちで一杯です(笑)

たまにいますけどね。

お肌が物凄くお若い人。

10万人に1人くらいですけどね。

 

なんとなく恨み節みたいな内容になってしまいましたが、若く見られるポイントとして毛穴って本当に重要なことだと思います。これがヒューマンフローラでも影響あるのか?

 

毛穴に対する影響力

毛穴って肌のキメにもなりますが、肌表面も肌の奥からも影響されるといわれていますね。例で言うとコラーゲンなんかは毛穴の形をキレイに型取ることでも効果があるとされているので、弾力成分も毛穴には重要な要素。

 

そして、もちろんその手前にある肌表面のセラミド部分も外敵の刺激から守る上で重要ですし、肌の整えの役割として大事ですよね。

そのためヒューマンフローラの肌菌を整えるということはとても毛穴にも影響を与えていると感じます。現実的に浸けてからは肌がスベスベになってきていますし、やっぱり毛穴が細かくなってキレイに見えてきたのが鏡でチェックして自分を見てわかります。なので、毛穴効果も相乗してあるんだと思います。

 

肌菌が毛穴にも影響する理由

やはり肌の表面を整える役割で肌荒れ防止を司る善玉菌バランスを強く保つことを考えるとめちゃくちゃ肌には重要なんだと思います。お肌の整いかたで肌が繊細に見られると思いますし、弾力成分の減少や水分の保持にも影響を与えてくれるために肌菌とは縁の下の力持ち的な威力を発揮してくれるんだと思います。

 

そういった意味ではとてもヒューマンフローラがお肌に与える影響というのは大きいように感じることができます。肌はある程度の年齢になると今までの生活習慣が積み重なって相当衰えていくのは検査でもハッキリ見られる兆候なので、最近肌荒れが酷く毛穴がヤバイ人はヒューマンフローラは重要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*